1947年 新潟県生まれ 亥年
S50. 大手デパートに在職時代、鰹節の極薄のパックを提案。大ヒット。
キャッシュカードの大きさで財布に入る「カードキー」5万個のヒット。
「サラリーマン発明家」としてマスコミ等で注目を浴びる。
その後、発明家として独立。紆余曲折を経て、
S53. レモン搾り具「レモンサワー」を発明。商品化
H2.自転車盗難警報機「盗る鳴る」 6万個のヒット。
H5.鍵を紛失時、音と光で知らせる「落センサー」10万個の大ヒット。
H8. 鍵につけて光とメロディーを発する「メロピカ」5万個のヒット。
齢を重ねるごとに、健康に対する意識が強まる。
H6.「水道水がおいしい健康ミネラル還元水に”竹炭です”」
H7.竹炭枕が5万個のヒット。
H14.健康作用のある茶の実に着眼。枕、石鹸、花粉対策商品を開発。
その他数多くの考案商品を世に輩出しています。


  

読売新聞掲載記事より。過去、数多くの新聞・メディアで私の発明品が取り上げられました。

23年ずっと発明一筋。


イカの足は何本かご存じですか?

多くの人が10本と答えると思います。
もちろん私もそう思っていました。小さい頃からずーっとそう覚えていました。
疑う余地のない事実。

しかし、なんと・・・。
実は、8本が正解のようです。
2本は腕なのだそうです。

ご飯がのどを通らないほど・・・ショック。(大げさかな(笑))

蜘蛛の巣は、すべて蜘蛛の住処ではない。
蜘蛛の巣は、餌を捕まえるための罠で、収穫し終えると、別の住まいを持っている。

白髪を抜くと、白髪が増える。
暗いところで本を読むと、目が悪くなる。

ずっとそう思っていたことも、事実ではなかったようです。

今までそう思っていたことが実は違う。

これを知った時、衝撃とともに、喜びを感じます。

過日、

ある権威のある大学の研究で
お風呂やプールなど水につかっていると、指がふやける。

この「ふやける。」のに意味がある。判明した。という新聞の記事を目にしました。

太古の昔、人類は、食糧を得るために、狩りをしたり、果実を摘んだりしていました。
魚を捕まえるにも、網も持っていなければ、釣り竿も銛もありません。

なので、素手で捕まえるしかありません。
魚はぬるぬるしています。なかなか捕まえるのは難しい。

そこで、水に手を入れた時、手がふやけて滑り止めの役目を果たすようになった。
実際に、ふやけた手とそうでない場合では魚を捕まえる率が前者の方が高かったようです。

その遺伝子が、現在の私たちの体の中にいまだ組み込まれているということらしいです。


人類はゆっくりと、環境に対応できるように変化しています。
ただ、ここ数百年の間に、急速に変化を遂げています。

何万年もかかってようやく環境対応能力を身につけてきた人間の体が
現代の環境に対応する能力を身につけるには、時間が足りないようです。

ビルが乱立し、車に電車や飛行機など交通機関も発達して便利になってきました。

食べ物も多種多様・・・。

その反面、

ストレスを抱えることも多いように感じます。

聞いたことのない病名やウイルスなど・・・

人間の力ではなかなか対応できないことが増えているのではないか?

と疑問を持ちます。

太古の昔と同じ環境で生活をすれば、きっと健やかな精神で
元気に生活できるのではないかなと思います。

ここ10年位、そんな思いもあって、人口的なものより自然のものに力を感じています。

すでに、存在している植物などの偉大な力がある。ということ。

その力に気づくこと。
発見することに意義を感じています。


ずいぶん前の話ですが、携帯を落としたことがありました。
どこを探しても見つかりません。
いつもあるものが失くなることがこれほど不便でショックだとは思ってもいませんでした。

数日経って、それをソファーの隙間から娘が見つけてくれました。

その時の安堵感と喜びは、今でも忘れません。

困ったこと。悩んでいること。誰にでもあると思います。

もちろん私にもたくさんあります。

でも、その悩みを解決できた時の喜びは格別です。


現代の技術でかなわない力はやはり自然の中にあると信じています。

いや、自然の中にしかない。

その自然の力に発見、解決できるものをつくる。

そして、

微力ながら悩みを抱えている方の助けになればこんなにうれしいことはありません。

多くの方に、健やかな楽しい日々を送ってほしい。

心からそう願ってやみません。


サイン




黒にんにくエキス配合シャンプー自髪力の詳細。ご注文は